日本水文科学会誌
Online ISSN : 1883-7166
Print ISSN : 1342-9612
ISSN-L : 1342-9612
総説
研究を通した国際協力で求められる水文科学の役割と方法論
杉田 倫明
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 45 巻 3 号 p. 73-84

詳細
抄録

水は生命維持にとって重要であると同時に,環境に影響を及ぼす媒体となりうるため,現実問題の解決にはしばしば水文科学の知識が必要とされる。その結果,水文科学は日本国内のみならず世界の様々でその研究対象を広げてきた。一方,研究を介した国際協力という側面に注目すると,技術移転やキャパシティ・ディベロップメントなど相手国からは求められるが研究者にとって本務でない部分については,必ずしもうまくいっているわけではないように思われる。この理由として,研究者のこの手の問題に対する経験・知識の不足をあげることができる。本論は主に著者の個人的な経験と限られた統計データに基づいているため,より網羅的な研究が望まれる。

著者関連情報
© 2015 日本水文科学会誌
前の記事 次の記事
feedback
Top