J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本イオン交換学会誌
Vol. 23 (2012) No. 3 p. 59-65

記事言語:

http://doi.org/10.5182/jaie.23.59

学術賞受賞論文

海水中には,様々な鉱物資源が溶存しており,その絶対量の大きさから,資源枯渇化問題の解決法の一つとして注目されている。これらの鉱物資源量は大部分において,海水中の方が陸上の推定埋蔵量より大きいが,海水中に存在する元素の濃度は希薄であり,経済的にかつ高純度に回収することは極めて困難である。
我々は,海水からのリチウム回収に着目し,リチウムを高選択的に分離回収できるスピネル型酸化マンガン系吸着剤と吸着剤の造粒法の開発,リチウム吸着性能の評価,ならびにパイロットプラントによる海水からのリチウム回収の実証研究までを一貫して行ってきた。本稿では,リチウム資源回収視点から,リチウム資源の現状と将来の需要予測とともに,我々が開発した海水からのリチウム回収技術とパイロットプラントを用いたリチウム回収の実証試験の成果を解説する。

Copyright © 2012 日本イオン交換学会

記事ツール

この記事を共有