福祉のまちづくり研究
Online ISSN : 2189-891X
Print ISSN : 1345-8973
波形手すりの利用評価に関する研究
八藤後 猛
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

13 巻 (2011) 3 号 p. A1-A7

詳細
PDFをダウンロード (1289K) 発行機関連絡先
抄録

最近公共施設によくみられる波形手すりの利用者アンケートと利用実態の観察により評価を行った。現在多くの設置場所で、階段の蹴上げ、踏面による断面形状と手すり形状が一致していない。観察調査の結果、昇りでは階段段鼻位置が手すり凹形状位置にある場合、降りではこれが水平形状位置中心にある場合、メーカーが意図する使用形態が実現する。手すり把持位置と階段の最適な関係は、年齢や身体機能によっても違いがある。以上より、利用者層を限定し、階段形状と手すり形状を合わせ、昇り、下り専用階段といった、限定した場面では設置位置によって有効なことがある。しかし、公共施設ではこうした制御は困難であり、今後の導入には慎重であるべきとの結論を得た。

著者関連情報
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top