福祉のまちづくり研究
Online ISSN : 2189-891X
Print ISSN : 1345-8973
歩行実験による音案内の誘導性能の一検証
佐藤 洋佐藤 逸人森本 政之
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2015 年 17 巻 2 号 p. A13-A23

詳細
抄録

本研究では、視覚障害者の円滑な移動支援を目的として国内で広く用いられている音案内(ピン・ポーン音)の実用的な場面での方向指示性能を評価する目的で、視覚障害者を対象として歩行可能な大空間において歩行実験を実施した。パラメータは音案内の提示音圧レベル、誘導方向、スピーカの種類であった。その結果、従来の実験室内と比して音響的条件が歩行軌跡、歩行開始時の方向、歩行速度に及ぼす影響について新たな知見が得られた。また、パラメトリックスピーカなどの狭指向性のスピーカではカバーエリアから外れると誘導できなくなる場合があることを示した。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top