日本鉱物科学会年会講演要旨集
日本鉱物科学会 2017年年会
セッションID: R5-14
会議情報

R5:地球外物質
Kaidun隕石中の特異な岩片についての鉱物学的研究
*東 浩太郎長谷川 輝三河内 岳Michael Zolensky
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

様々な隕石種の岩片を含む角レキ岩隕石であるKaidun隕石中に見つかった2つの岩片について鉱物学的研究を行った。1. ブラチナイト隕石と考えられる岩片は、主にカンラン石から成る約0.4x0.4mmの岩片で、カンラン石組成はブラチナイトと似ており、ブラチナイトのタイプ標本であるBrachina、ブラチナイトの一種であるNWA 1500と近い特徴も確認された。BrachinaはMn-Cr年代が4564.8±0.5 Maを示すことから、Kaidun母天体の形成はこの年代より若い可能性がある。2. 水質変成を受けたEコンドライト岩片は、岩片の両端約1mmの範囲で中央と比べ一部の元素の含有量が明らかに少なくなっており、端層において欠如している鉱物、EPMAの定量分析での収量が低く組成にばらつきのある複数種の物質の存在が確認された。以上の特徴より非平衡な変成を受けており、水質変成を経験したことが示唆される。水質変成を受けた層はCコンドライトと接しており、この岩片の成因に関連した可能性がある。

著者関連情報
© 2017 日本鉱物科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top