保健医療学雑誌
Online ISSN : 2185-0399
資料
慢性腰痛の新たな治療戦略
Cognitive Functional Therapyの紹介—
三木 貴弘西上 智彦
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 9 巻 1 号 p. 61-69

詳細
抄録

慢性腰痛において,本邦では未だ生物医学的モデルに基づいた治療が実施されていることが多いが,諸外国では生物心理社会モデルに基づいた治療が実施されている.オーストラリアの理学療法士であるPeter O'Sullivanによって考案されたCognitive Functional TherapyCFT)は慢性腰痛を生物心理社会モデルに基づいて評価,治療を行う新しい治療体系である.CFTは認知的側面(Cognitive Component),機能的側面(Functional Component),生活習慣的側面(Lifestyle Component)から構成されており,各側面の評価,治療が実施される.CFTの治療効果の有効性は多く報告されており,疼痛,能力障害だけではなく,運動恐怖や過度な不安,破局的思考,自己効力感も長期的に改善されたことが報告されている.慢性腰痛において,CFTは生物心理社会モデルの理解を助け,患者のアウトカムを向上させることができる新たな介入方法になるだろう.

著者関連情報
© 2018 保健医療学学会
前の記事
feedback
Top