医学検査
Online ISSN : 2188-5346
Print ISSN : 0915-8669
ISSN-L : 0915-8669
症例報告
Terminal deoxynucleotidyl transferase(TdT)陰性のT-リンパ芽球性リンパ腫(T-lymphoblastic lymphoma; T-LBL)の1症例
永川 翔吾八戸 雅孝尾形 智子南部 雅美関 律子中村 剛之長藤 宏司松尾 邦浩
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2017 年 66 巻 1 号 p. 74-79

詳細
抄録

T-リンパ芽球性リンパ腫(T-lymphoblastic lymphoma; T-LBL)はTリンパ球前駆細胞由来の悪性腫瘍である。リンパ節ないし節外性臓器に腫瘤を形成することが多く,腫瘤の圧排により呼吸障害を合併することがあるため,早期に診断し治療を開始することが重要である。T-LBL症例の90~95%以上で,細胞内抗原の一つであるterminal deoxynucleotidyl transferase(TdT)が陽性となる。そのため,TdTはT-LBLの診断確定上,重要なマーカーである。しかし,今回我々はTdT陰性のT-LBL症例を経験した。発症頻度の低いLBLの中でも,TdT陰性という非典型例であり,稀な症例であった。非典型的な症例の診断の場合は,臨床情報や他のマーカー検索も合わせ総合的に診断することが重要である。

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会
前の記事
feedback
Top