医学検査
Online ISSN : 2188-5346
Print ISSN : 0915-8669
ISSN-L : 0915-8669
技術論文
褥瘡ケアにおけるエコーとサーモグラフィーの有用性について(第1報)
濃野 ありさ穴井 里恵森山 研介亀山 有加
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2020 年 69 巻 4 号 p. 590-595

詳細
抄録

当院における褥瘡の評価はDESIGN-Rを利用している。今回DESIGN-Rでの評価に加えて,エコーとサーモグラフィーが褥瘡の評価に有用であるかを検証した。文献を参考にエコースコアを独自に考案した。褥瘡が認められる患者に1週間ごとにエコーとサーモグラフィーを実施し,褥瘡サイズを基準としてDESIGN-Rスコアおよびエコースコアの経時的変化を比較して検証した。褥瘡サイズとDESIGN-Rスコアの経時的変化が一致したのは11例中6例,褥瘡サイズとエコースコアの経時的変化が一致したのは11例中8例であった。サーモグラフィーでは正常部位と比べて褥瘡部位で温度が高くなっていたものが4例,低くなっていたものは7例であった。褥瘡サイズとエコースコアが乖離した例では,エコーの設定条件が統一されていなかったことがスコアリングに影響したと思われた。サーモグラフィーは炎症の有無を客観的に評価できていると考えられた。以上により,DESIGN-Rでの褥瘡の評価法に加えて,エコーとサーモグラフィーは褥瘡の経過を評価するために有用であると考えられた。

著者関連情報
© 2020 一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会
前の記事 次の記事
feedback
Top