ノンプロフィット・レビュー
Print ISSN : 1346-4116
研究論文
日本のNPO活動水準を規定する組織要因と地域要因の分析
胡 笳田中 勝也松岡 俊二
著者情報
ジャーナル フリー

17 巻 (2017) 1 号 p. 39-48

詳細
PDFをダウンロード (838K) 発行機関連絡先
抄録

本研究は地域活性化につながるNPOの活動水準を,資金力,人材力,連携力と定義した.先行研究で考慮されていなかったNPOの活動水準を規定する地域要因も取り入れ,地域要因と組織要因とを統合して分析するため,内閣府が行ったNPO法人に対するアンケート調査結果(1,079団体)を用い,市町村レベルにおけるNPO活動水準の規定要因に関する実証的分析を行った.分析の結果,組織要因については,活動年数と情報発信の手段数がNPO活動水準に正の効果があり,また,活動の分野数と地理的範囲はNPOの他団体との連携に正の効果があった.活動開始の動機については,事業活動の幅の開拓のような設立者自身の意思で活動を開始したNPOより,行政からの勧奨で活動を開始したNPOの方が規模が大きい.地域要因については,経済基盤要因と政治参加の度合いがNPO活動水準に影響を与えていることが示され,NPO団体の新設立に対して地域条件も考慮する必要があると提示した.

著者関連情報
© 2017 Japan NPO Research Association
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top