日本看護科学会誌
Online ISSN : 2185-8888
Print ISSN : 0287-5330
原著
高齢者ケア施設における学際的チームアプローチ実践評価尺度の開発
─信頼性・妥当性の検討─
杉本 知子亀井 智子
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 31 巻 4 号 p. 4_14-23

詳細
抄録

目的:介護保険施設に勤務する医療・福祉職のチームアプローチ実践の自己評価を行うITA評価尺度を開発し,信頼性と妥当性を検討する.
方法:Interdisciplinary teamの概念分析の結果と医療・福祉職から収集した意見を基に尺度原案(40項目)を作成し,24ヵ所の介護老人保健施設のスタッフ904名を対象に自記式質問紙調査を行った.信頼性,妥当性の検討はCronbach α,再テスト法,因子分析等により行った.
結果:401票が回収され(有効回答率44.4%),因子分析から本尺度は〈組織構造の柔軟さ〉〈ケアのプロセスと実践度〉〈メンバーの凝集性と能力〉の3因子構造(全32項目),モデルの適合度はGFI等が0.9以上を示した.尺度全体のCronbach αは0.9以上,再テスト法による信頼性係数は全項目で0.4以上であった.
結論:ITA評価尺度は,介護保険施設スタッフのチームアプローチ実践を把握可能な信頼性と妥当性のある尺度であると示唆された.

著者関連情報
© 2011 公益社団法人 日本看護科学学会
前の記事 次の記事
feedback
Top