日本看護科学会誌
Online ISSN : 2185-8888
Print ISSN : 0287-5330
ISSN-L : 0287-5330
原著
精神障がいの家族ピア教育プログラムの質的評価
プログラム事後の自由記載の分析
蔭山 正子横山 恵子小林 清香中村 由嘉子
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2015 年 35 巻 p. 43-52

詳細
抄録

目的:自由記載を分析して家族ピア教育プログラムの質的評価をすることを目的とする.
方法:質的記述的研究である.自由記載のデータは,2013年10月から年度内にプログラムを終了した38カ所の参加家族と担当家族に調査を行い,収集した.自由記載を「家族学習会について参加あるいは担当して思ったこと,変わったこと」という視点で質的記述的に分析するとともに,参加家族と担当家族の属性を把握した.
結果:質問紙は,参加家族163名と担当家族133名から返送された.自由記載から10のカテゴリと41のサブカテゴリが作成された.参加家族は担当家族よりも家族会会員歴が短く,教育歴が少なく,発病後経過年数に幅があり,自宅療養の本人を支援する人が多かった.
結論:自由記載から療法的因子,体験的知識,社会変革機能といったグループ機能と新たなアイデンティティの獲得といったアウトカムを見出した.参加家族の属性が変化し,長い経過の家族も含んでいた.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人日本看護科学学会
前の記事 次の記事
feedback
Top