におい・かおり環境学会誌
Online ISSN : 1349-7847
Print ISSN : 1348-2904
特集 (植物のかおり物質の不思議な働き)
みどりの香りを介した生物間相互作用
松井 健二杉本 貢一
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 40 巻 3 号 p. 166-176

詳細
抄録

みどりの香り(GLV)は炭素数6のアルデヒド,アルコール,アセテート類の総称である.GLVは陸上植物にほぼ普遍的に見いだされ,様々な食品の重要なフレーバー成分となっている.また,GLVがヒトに抗ストレス効果を誘導することが報告され,注目されている.最近の研究で,植物は自らの生息する生態系をモニターし,制御するためにGLVを利用していることが明らかになってきた.C6アルデヒドはその高い反応性により外敵に対する直接防衛に寄与している.また,三者系では害虫の天敵を呼びつけて害虫駆除に利用している.また,植物自身もGLVを感知する能力を得,周りの状況を把握することで生態系の変化に敏感に対応しているらしい.

著者関連情報
© 2009 (社)におい・かおり環境協会
前の記事 次の記事
feedback
Top