理論応用力学講演会 講演論文集
第62回理論応用力学講演会
セッションID: OS14-15
会議情報

OS14 データ同化とその応用
ロックフィルドコンクリート(RFC)における発熱特性の同定
*須藤 敦史
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

砂防堰堤などでは工期短縮や事業費の縮減を目的として,現地で発生する大粒径材を有効利用したロックフィルドコンクリート(RFC)が開発されている.今後,東日本大震災で被災した防波堤(コンクリート)構造物の早急かつ経済的な復興にこの工法の適用が期待されるが,RFCはマスコンクリートとしての基本的な発熱特性などが不明である.そこで本論文では,有限要素法(FEM)を用いた(ロックフィルド)コンクリート発熱特性の同定(逆解析)手法を開発して堰堤施工時の温度観測値より,その発熱特性を明らかするとともに急速施工のための打設リフト高さの検討を行なっている.

著者関連情報
© 2013 一般社団法人日本機械学会
前の記事 次の記事
feedback
Top