理論応用力学講演会 講演論文集
第62回理論応用力学講演会
セッションID: OS01-08
会議情報

OS1 混相流の数値シミュレーション
サイズの異なる液滴によるマージネーション
*牧野 真人関 眞佐子
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

血液では、赤血球や血小板などが血漿に分散している粒子分散系である。血管内では、血流により血小板が血管壁に近づくマージネーションと呼ばれる効果が知られている。本研究では、このメカニズムを調べるために2次元のフロントトラッキング法を用いて大きさの違う液滴分散系のシミュレーションを行った。大きさの異なる2種の液滴の表面張力や粘度は、どちらも同一とし平衡時の大きさのみを変え、流路内に圧力を与えて液滴を流した。小さい液滴は、流路壁による傾向があり、大きい粒子は流路の中心に集まる傾向が見られマージネーションを確認することが出来た。2つの異なる大きさの液滴のサイズ比が顕著なほうが、マージネーションは起こりやすいことや、小さい液滴と大きい液滴との適当な面積分率比でマージネーションの効率が上がることなどを報告する予定である。

著者関連情報
© 2013 一般社団法人日本機械学会
前の記事 次の記事
feedback
Top