日本精神保健看護学会誌
Online ISSN : 2432-101X
Print ISSN : 0918-0621
ISSN-L : 0918-0621
研究報告
就労継続支援B型施設を利用する精神障がい者が希望する看護ケア
庄司 寛子児玉 豊彦
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 27 巻 2 号 p. 29-37

詳細
抄録

本研究の目的は,就労継続支援B型施設を利用する精神障がい者が希望する看護ケアを明らかにし,利用者に適した看護ケアへの示唆を得る事である.研究方法は,5か所の就労継続支援B型施設を利用している精神障がい者に,希望する看護ケア,悩みの相談相手に関して質問紙調査を行った.調査の結果,87部配布し,回収数59部(回収率:67.8%),そのうち54部を有効回答とした.利用者は施設スタッフ,主治医,家族に悩みを相談していた.看護師への相談は10%以下であった.施設利用者のうち半数以上の者が,「ストレス対処」,「精神的悩み」,「仕事」,「将来のこと」「生活全般」「人づきあい」「身体症状」「活動・休息」「薬」「食事」についての看護ケアを希望していた.本研究の結果から,多くの就労継続支援B型施設の利用者は将来就労を希望していることが明らかになった.看護師は,就労継続支援B型施設の利用者に対して,利用者が仕事をするための生活を支えるという視点を持ちアセスメントやケアを行う必要があると示唆された.

著者関連情報
© 2018 日本精神保健看護学会
前の記事 次の記事
feedback
Top