応用統計学
Online ISSN : 1883-8081
Print ISSN : 0285-0370
研究ノート
線形な変化係数における信頼区間の精密化
冨田 哲治佐藤 健一
著者情報
ジャーナル 認証あり

42 巻 (2013) 1 号 p. 11-21

詳細
PDFをダウンロード (744K) 発行機関連絡先
抄録

経時データにおける回帰モデルにおいて,時間tとともに変化する共変量の効果β(t)は変化係数とよばれている.変化係数の推定は,カーネル平滑化の要領で,固定した時点周辺の近傍データに対して局所的な回帰を繰り返すことで推定され,その信頼区間も固定した各点毎に構築されるのが一般的であった.近年,Satoh and Yanagihara (2010) は,変化係数の関数形を線形に限定することで,t ∈ R での同時信頼区間を提案した.本稿では,信頼区間を構築する領域を観測時点の範囲といった有限区間t ∈ [a, b] に限定することで,より精密な同時信頼区間の構築法を提案する.

著者関連情報
© 2013 応用統計学会
前の記事

閲覧履歴
feedback
Top