第四紀研究
Online ISSN : 1881-8129
Print ISSN : 0418-2642
論説
長野県野尻湖における過去約4.5万年の湖水位変動とその要因
中村 祐貴井内 美郎井上 卓彦近藤 洋一公文 富士夫長橋 良隆
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 52 巻 5 号 p. 203-212

詳細
抄録

長野県野尻湖底には,過去10万年以上にわたり堆積物が累積しており,後期更新世以降の湖水位変動を明らかにし,さらにはその原因である水収支の変動を検討できる可能性がある.本論文では,野尻湖の音波探査記録に見られる湖水位指標と火山灰年代との組み合わせから,湖水位変動を復元した.その結果,湖水位は過去約4.5万年間に8回の上昇・下降を繰り返していることが明らかになった.復元された湖水位変動と,野尻湖における花粉組成や全有機炭素濃度プロファイル,グリーンランドのNGRIPや中国のSanbao/Hulu洞窟の酸素同位体比プロファイル,および地球規模の寒冷化イベントの時期とを比較すると,寒冷期とりわけHeinrich eventなどの急激な寒冷期と湖水位上昇期とが対応している.寒冷期に湖水位が上昇する要因としては,地球規模の急激な寒冷化の影響を受け,冬季モンスーンが強化されたことに伴う日本海からの水蒸気供給量の増加によって,この地方の降雪量が増加したことが,主要因として考えられる.

著者関連情報
© 2013 日本第四紀学会
前の記事 次の記事
feedback
Top