第四紀研究
Online ISSN : 1881-8129
Print ISSN : 0418-2642
ISSN-L : 0418-2642
「第四紀研究から防災・減災への多角的なアプローチ」 特集号
開聞岳の貞観十六年(AD 874)噴火災害と当時の人の対応
成尾 英仁中摩 浩太郎渡部 徹也鎌田 洋昭西牟田 瑛子松崎 大嗣
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 58 巻 2 号 p. 211-228

詳細
抄録

薩摩半島南東端に位置する開聞岳(924m)では,平安時代の貞観十六年(AD 874)と仁和元年(AD 885)に噴火が発生した.開聞岳東方の指宿市街地に位置する敷領遺跡・橋牟礼川遺跡では,貞観十六年テフラに対比されるKm12a3~4(紫コラ)下位から,噴火で被災した遺構・遺物が発見されており,噴火災害の様相と当時の人々の対応が明らかになってきた.本論では,遺跡内外でのKm12a3~4の堆積状況と「日本三代実録」の記録とを対比し,居住地域や耕作地が埋没するなどの災害が生じたこと,噴火途中で降雨によるラハールが発生したことなど,記録と発掘結果が整合することを示した.Km12a3~4が厚く堆積した地域では,噴火後に復旧作業を実施しなかったか,途中で断念し集落を完全に放棄した.一方,分布主軸からはずれた地域では復旧がなされ,噴火後の政治・経済の中心となったと推定される.

著者関連情報
© 2019 日本第四紀学会
前の記事 次の記事
feedback
Top