第四紀研究
Online ISSN : 1881-8129
Print ISSN : 0418-2642
1995年新潟県北部の地震について
大木 靖衛徐 輝竜渡部 直喜鈴木 幸治佐藤 修河内 一男
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 35 巻 3 号 p. 153-163

詳細
抄録

1995年4月1日,新潟市東方18km付近で新潟県北部の地震M6.0が発生し,全壊家屋55戸,被害総額93億円の被害が出たが,幸いにも死者はなかった.この地震は深さ10kmの浅い地震であったため,被害が大きくなった.90ヵ所の墓地の石塔転倒から水平最大加速度を求め,震度分布図を描いた.震央地区に北北東-南南西方向を長軸とする5.2×1kmの地域が震度6域となり,この地震を発生させた平野深部にある伏在活断層を示唆していた.震央地区では,地球重力加速度以上の上下動があったことを示唆する建物の急激な移動があった.本地震前後に地下水・温泉の異常が観察された.新潟市付近の新潟平野は地震の空白域として指摘されていたところである.本地震は指摘されている空白域の東縁部で発生した地震であり,新潟平野の大地震に対する対策が重要になっていることを示唆している.

著者関連情報
© 日本第四紀学会
次の記事
feedback
Top