第四紀研究
Online ISSN : 1881-8129
Print ISSN : 0418-2642
ISSN-L : 0418-2642
10Be露出年代法を用いた氷成堆積物の形成年代の測定
木曽山脈北部,千畳敷カール・濃ヶ池カールの事例
青木 賢人
著者情報
ジャーナル フリー

2000 年 39 巻 3 号 p. 189-198

詳細
抄録

木曽山脈北部の千畳敷カールおよび濃ヶ池カールのカール底に分布するターミナルモレーン上に露出する複数の巨礫に対し,宇宙線生成核種の一つである10Beを用いた露出年代測定法を適用し,モレーン構成礫の生産年代を測定した.AMSによる10Be測定から得られた露出年代値の多くが17~19kaを示し,両モレーンは最終氷期極相期に形成されたことが示された.また,両モレーンは構成礫の風化皮膜の厚さが等しく,モレーン構成礫の風化皮膜の厚さを用いた相対年代法(WRT年代法)による年代推定結果と矛盾がないことが確認された.

著者関連情報
© 日本第四紀学会
次の記事
feedback
Top