第四紀研究
Online ISSN : 1881-8129
Print ISSN : 0418-2642
ISSN-L : 0418-2642
大阪湾地域の完新統海成粘土層の特徴と形成過程
増田 富士雄宮原 伐折羅
著者情報
ジャーナル フリー

2000 年 39 巻 4 号 p. 349-355

詳細
抄録

大阪湾とその周辺には,海成や陸成堆積物からなる完新統が発達する.この地域の完新統の特徴は,海成粘土層に粗粒な部分(粗粒シルト~中粒砂)が間に挾まっていることである.それは後氷期の海進で,海面が高くなった時期に潮流や沿岸流による運搬作用が強くなって形成されたものである.

著者関連情報
© 日本第四紀学会
前の記事 次の記事
feedback
Top