J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

第四紀研究
Vol. 40 (2001) No. 3 P 193-202

記事言語:

http://doi.org/10.4116/jaqua.40.193


三重県鳥羽市相差宇塚の湿地において,地層抜き取り装置を用いて定方位柱状堆積物試料を採取し,肉眼と実体顕微鏡による岩相観察および堆積物の古地磁気測定を行った.その結果,淡水成泥質堆積物中に2枚の不淘汰な砂層を見いだした.この砂層には,貝殻・有孔虫など海生化石が含まれる.古地磁気永年変化の磁気層序対比および歴史津波史料に基づくと,これら2枚の砂層は1707年宝永地震と1605年慶長地震の津波堆積物である可能性が高い.

Copyright © 日本第四紀学会

記事ツール

この記事を共有