第四紀研究
Online ISSN : 1881-8129
Print ISSN : 0418-2642
北海道から新しく発見されたナウマンゾウ標本(Palaeoloxodon naumanni)とその意義
高橋 啓一添田 雄二出穂 雅実青木 かおり山田 悟郎赤松 守雄
著者情報
ジャーナル フリー

2004 年 43 巻 3 号 p. 169-180

詳細
抄録

1998年8月に北海道網走支庁湧別町の林道脇の沢から発見されたナウマンゾウ右上顎第2大臼歯化石の記載と,気候変化に伴ってマンモスゾウとナウマンゾウの棲み分けが北海道で入れ替わった可能性を報告した.臼歯化石の年代測定結果は30,480±220yrs BP(未補正14C年代値)であった.臼歯が発見された沢には,臼歯化石の年代とほぼ同じ時代に噴出した大雪御鉢平テフラ(Ds-Oh)を含む地層が分布していることから,この臼歯はこの沢に堆積する地層から洗いだされた可能性が高いと推定した.
今回の標本も含め,これまで北海道で発見されているナウマンゾウとマンモスゾウの産出年代およびその当時の植生を考えると,地球規模の気候変動とそれに伴う植生の変化に合わせて,2種類の長鼻類が時期を変えて棲み分けていたことが推定された.同時に,約3万年前のナウマンゾウ化石の発見は,MIS3の頃の北海道にナウマンゾウが津軽海峡を渡って来ることができたか,どうかという議論の一材料を提供することとなった.

著者関連情報
© 日本第四紀学会
次の記事
feedback
Top