シミュレーション&ゲーミング
Online ISSN : 2434-0472
Print ISSN : 1345-1499
依頼論文
社会デザインのアクション・リサーチとゲーミング・エクササイズ
兼田 敏之
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 29 巻 1 号 p. 2-9

詳細
抄録

本稿では,社会工学アプローチ(問題解決アプローチ)の深化として「厄介な問題」を視野にゲーミング・エクササイズを中心に据えた筆者らのアクション・リサーチについて,その方法論の背景を含めて解説する.また事例として権利変換型再開発プロジェクトゲームURPG(Urban Redevelopment Project Game)の大学間移転についてのゲーミング・エクササイズに焦点を当てて,その経緯を概説する.とくにゲーミング・エクササイズ事例については,権利変換の概説と経緯,多主体系に付加されるべき権利変換の形式化の記述を踏まえて,URPGのデザインと名古屋からカブールへの移転を述べる.またディブリーフィングとその後の議論で生じたエピソードから土地権利にかかわる社会システム(文化的慣行)の違いが明らかになり,結果としてアフガニスタン国側で準備されていた法制度案の変更修正に結びついている.エクササイズを通じて得られた見通しも示すとともに,エクササイズ成立の条件についても言及する.

著者関連情報
© 2019 特定非営利活動法人日本シミュレーション&ゲーミング学会
前の記事 次の記事
feedback
Top