日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
PbTiO_3系圧電磁器(|k_<31>/k_<33>|≪1)を用いた振動子の結合振動特性
岡崎 英次清水 洋
著者情報
ジャーナル フリー

1988 年 44 巻 5 号 p. 382-389

詳細
抄録

横効果と縦効果の電気機械結合係数の比|k_<31>/k_<33>|が極端に小さいPbTiO_3系圧電磁器を用いた方形薄板及び円柱振動子について、分極方向とそれに直角方向の二つの基本振動モードが結合する場合の結合振動特性(共振周波数と電気機械結合係数の寸法比依存性)を実験と結合振動理論の両面から検討し、|k_<31>/k_<33>|が0.5程度のPb(Zr,Ti)O_3系圧電磁気を用いた場合の特性と比較した。その結果、結合理論により結合振動特性の大要を説明できることが分かった。また、PbTiO_3系磁器を用いた場合とPb(Zr,Ti)O_3系磁器を用いた場合の特性の差異が明らかになった。

著者関連情報
© 1988 一般社団法人 日本音響学会
前の記事 次の記事
feedback
Top