日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
クロススペクトル法によるコヒーレンス関数及びインパルスレスポンス推定の際の窓関数の影響
永田 仁史劉 家祥安倍 正人城戸 健一
著者情報
ジャーナル フリー

1989 年 45 巻 12 号 p. 950-956

詳細
抄録

本論文ではクロススペクトル法によるインパルスレスポンス、及びコヒーレンスを推定する際の窓関数の影響を調べる。まず、窓関数とコヒーレンス及びインパルスレスポンスの推定値との間の関係式を導き、外来雑音がない場合でもコヒーレンスの値が1以下になることを確かめる。続いて、上述の関係式から得られるコヒーレンス及びインパルスレスポンスの値と通常のクロススペクトル法によって得られる値とが一致することを確かめる。更に、窓の形状によって決まるインパルスレスポンスの推定誤差から、推定されたインパルスレスポンスを補正し、推定誤差を更に少なくできることを示す。

著者関連情報
© 1989 一般社団法人 日本音響学会
前の記事 次の記事
feedback
Top