日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
基本周期のゆらぎの性質とそのモデル化に関する検討
小室 修粕谷 英樹
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 47 巻 12 号 p. 928-934

詳細
抄録

本論文では、基本周期のゆらぎと振幅のゆらぎを独立に制御できる新しい分析合成システムを用いて、正常音声の場合について、基本周期ゆらぎのどのような性質が音声の声質に寄与しているかを調べた。聴取実験により、定常母音においては、基本周期ゆらぎのトレンド成分(遅い成分)が原音声の品質を保持するために特に重要であることが分かった。そこで、トレンド成分の特徴を簡単に制御できる基本周期ゆらぎの生成モデルを提案した。聴取実験により、提案したモデルによるゆらぎの方が正規性白色雑音のゆらぎよりも、原音声の品質を保存する上で優れていることが分かった。また、基本周期が大きく変化する非定常母音では、基本周期の変化の概形を保存するだけで原音声の品質を保存することが分かった。

著者関連情報
© 1991 一般社団法人 日本音響学会
前の記事 次の記事
feedback
Top