日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
みかけの音源の幅と第1波面の法則の関係
森本 政之飯田 一博
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 49 巻 2 号 p. 84-89

詳細
抄録

みかけの音源の幅(ASW)の物理指標として、Lateral energy fraction (L_f)や両耳間相関度がよく知られている。本研究は、反射音が第1波面の法則が成立する上限を越え、音像が分離する場合にも、ASWの予測に、それらの物理指標が適用できるか否か、聴感実験を行い検討した。その結果、以下のことを明らかにした。法則が成立していない音場のASWの予測に、法則が成立している場合と同じように、それらの物理指標を適用することはできない。反射音が法則が成立する上限を越えた場合、その反射音の、法則が成立する範囲に含まれる部分がASWの形成に寄与し、その部分だけを考慮したLfや両耳間相関度でASWを予測することができる。

著者関連情報
© 1993 一般社団法人 日本音響学会
前の記事 次の記事
feedback
Top