日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
ニューラルネットワークによる鉄道騒音・振動レベルの予測
奥村 陽三久野 和宏
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 49 巻 8 号 p. 563-567

詳細
抄録

多層パーセプトロン型のニューラルネットワーク(NN)により、軌道からの距離、列車速度等の各種要因を用いて鉄道騒音・振動レベルの予測を試みると共に、NNの汎化能力と情報量基準(AIC及びBIC)との対応状況について調べた。数量化理論I類及び伝搬における過剰減衰を考慮した有限長線音源モデルによる騒音ピークレベルの予測結果との比較を行い、平坦以外の軌道構造においてはNNがより精度良く予測できること等を示した。新幹線鉄道騒音・振動の予測におけるサンプル数の影響や、隠れ層を2層にすることによる予測精度向上の可能性についても検討した。

著者関連情報
© 1993 一般社団法人 日本音響学会
前の記事 次の記事
feedback
Top