日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
境界要素法に遺伝的アルゴリズムを併用した音源位置同定の実験的検討
山崎 憲
著者情報
ジャーナル フリー

1998 年 54 巻 6 号 p. 417-425

詳細
抄録

騒音源を特定することは, その発生源を直接制御することが可能となるため, 騒音制御における重要な課題の一つとなっている。騒音源を特定する手法として, 最適化の手法を用いた音源位置の同定が報告されているが, これらの報告は音源を一つの平面内にあると限定しており, 最適化に用いる基本データとして実際の測定値を用いたものはあまり報告されていない。そこで, 本研究では音波の伝搬方向と強さの情報を持つ複素音響インテンシティを最適化の基本データとして, 境界要素法に遺伝的アルゴリズムを併用した音源位置の同定シミュレーションを行った。その結果, 同定した音源の位置は, 実際の音源の位置によく一致し, 複素音響インテンシティの測定値を用いて, 3次元での音源位置同定が可能であることを明らかにした。

著者関連情報
© 1998 一般社団法人 日本音響学会
次の記事
feedback
Top