日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
アクティブソフトエッジ遮音壁の基本コンセプトと無響室内実験による減音効果
大西 慶三寺西 進西村 正治上坂 克巳大西 博文
著者情報
ジャーナル フリー

2001 年 57 巻 2 号 p. 129-138

詳細
抄録

道路交通騒音等の低減を目的に, 移動する音源にも対応できるアクティブノイズコントロール技術を用いた遮音壁(ASE遮音壁)を開発する。これは遮音壁先端部分の複素音圧反射率を-1近傍に制御することにより回折音を低減するもので, 特に従来のパッシブな対策では充分に低減できない概ね500Hz以下の周波数帯域の騒音を低減する効果が期待できる。本報ではその基本コンセプト, 制御アルゴリズム及び長さ2mの実物大ASE遮音壁を用いた固定音源及び移動音源による無響室内での騒音低減効果の測定結果について報告する。測定の結果, ASE遮音壁は移動音源に対しても固定音源と同等の騒音低減効果を発揮できることが分かった。

著者関連情報
© 2001 一般社団法人 日本音響学会
前の記事 次の記事
feedback
Top