日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
光マイクロホンを用いたMRI撮像時の騒音測定
北村 達也正木 信夫島田 育廣藤本 一郎赤土 裕子本多 清志
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 62 巻 5 号 p. 379-382

詳細
抄録

MRI装置の普及と高磁場化に伴い,撮像時の騒音は無視できない問題となっている。しかし,装置内の騒音測定には磁性体を含む一般的な装置を利用することができない。また,強磁場下で利用可能な測定装置を使っても,その一部に導電体が含まれていればRFパルス(電磁波)に起因するノイズが混入する可能性がある。本研究では非導電体のみで構成された光マイクロホンを用いてこの問題を解決し,1.5TのMRI装置を対象にしてSpin-echo T1強調,Fast spin-echo T2強調,RF-FAST,及びSingle-shot EPIの4種の撮像シーケンスの騒音を測定した。その結果,これらの騒音の音圧レベルはそれぞれ112.6dB,112.5dB,107.8dB,110.6dBであった。

著者関連情報
© 2006 一般社団法人 日本音響学会
前の記事 次の記事
feedback
Top