日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
水平面上の頭部伝達関数の距離依存性の数値的検討
大谷 真平原 達也伊勢 史郎
著者情報
ジャーナル フリー

63 巻 (2007) 11 号 p. 646-657

詳細
PDFをダウンロード (4562K) 発行機関連絡先
抄録

水平面上の頭部伝達関数の距離依存性について数値解析を用いて詳細に検討した。レーザスキャナとMicro CTスキャナを用いて得られた頭部コンピュータモデルに境界要素法に基いた数値解析を適用し,3.0m以下の距離に配置された点音源及び面音源に対する頭部伝達関数を算出した。頭部中心だけではなく外耳道入口を原点とした座標系にしたがって音源距離及び方向を変化させることで,頭部伝達関数のスペクトル特性の比較を行った。その結果,受聴耳側の音源に対する頭部伝達関数の距離依存性は主に外耳道入口への入射角の変化によること,受聴耳と反対側の音源に対する頭部伝達得関数の距離依存性は頭部の影響によることが明らかになった。また,耳介の襞の裏側に音源がある場合には遠方の音源に対しては見られないディップが生じるなど,耳介の極めて近傍のHRTFの特性が明らかになった。

著者関連情報
© 2007 一般社団法人 日本音響学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top