日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
無限大剛体平面バッフル中の屈曲性音源群に対する自己及び相互放射インピーダンス
大家 左門
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 65 巻 12 号 p. 605-612

詳細
抄録

無限大剛体平面バッフル中の屈曲性音源に対する自己,及び,相互放射インピーダンスの一統一的定式化が提案される。定式化はフーリエ音響学に基づいて成される。時間平均パワーは,放射インピーダンス行列のエルミート部分により表される。放射場と放射インピーダンスに対する一般的な議論の後,円形音源群の場合に議論を限定することにする。屈曲性円形音源に対する自己,及び,相互放射インピーダンスは,1次元積分の形で表現される。高周波,低周波の極限における自己,及び,相互放射インピーダンスの極限値が与えられる。屈曲性円形音源に対する自己,及び,相互放射インピーダンスの数値計算例が与えられる。

著者関連情報
© 2009 一般社団法人 日本音響学会
次の記事
feedback
Top