日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
電圧掃引駆動時における圧電振動子の跳躍・降下現象の解析
梅田 幹雄遠藤 雄哉佐藤 拓史中村 健太郎
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 66 巻 5 号 p. 197-202

詳細
抄録

圧電パワーデバイスを大振動振幅下で使用するとき,様々な非線形現象が発生する場合がある。中でも,跳躍・降下現象は,駆動状態の制御を困難にする要因の一つであり,安定した制御を実現するためには,これらの発生を予測しておいたり,様々な運転状況下での過渡的な挙動を推定しておく必要がある。本研究では,まず,電気的過渡応答法で測定した振動速度依存性を持つ等価回路定数を用いて,駆動電圧を変化させたときの振動速度及び電流の定常振幅曲線の算出方法と,電圧掃引駆動時の過渡波形の解析方法を提示する。次いで,実測波形との比較を行い,跳躍・降下現象の発生の予測と過渡的な挙動の推定の可能性を検証した。

著者関連情報
© 2010 一般社団法人 日本音響学会
次の記事
feedback
Top