日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
在来鉄道騒音の音源特性のモデル化
小林 知尋横山 栄矢野 博夫橘 秀樹
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 66 巻 6 号 p. 257-264

詳細
抄録

我が国では,道路交通騒音,航空機騒音及び新幹線鉄道騒音については環境基準が定められているが,在来鉄道騒音については定められておらず,騒音予測法の開発は他の交通騒音と比べて遅れている。本研究では,在来鉄道騒音の予測手法を開発するための出発点として列車からの騒音放射を把握するために,二つの音源モデルを提案する。一つは列車を構成する車両を個々に取り扱う点音源列モデルで,もう一つは列車全体のパワーを一つに集めた集中点音源モデルである。レール継目音に関しては,固定点から衝撃音を発生する点音源モデルとした。首都圏の在来鉄道沿線で実測を行い,地表面の吸音効果も考慮してこれらの音源モデルの妥当性を検討した。

著者関連情報
© 2010 一般社団法人 日本音響学会
次の記事
feedback
Top