日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
小型熱音響冷却システムにおけるスタック位置とヒートポンプ効果について
堀田 浩平坂本 眞一渡辺 好章
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 67 巻 4 号 p. 145-151

詳細
抄録

本稿では,熱音響冷却システムの小型化について検討を行った。熱音響冷却システムの一つであるループ管では,発振する音波の周波数と管全長との関係が逆比例であるため,小型化すると周波数が高くなる。本研究では,発振する音波の周波数が高くなるときの適切なヒートポンプの設置位置について無次元パラメータωτと音圧と粒子速度の位相差φに着目し検討を行った。実験結果から,スタックのωτによって冷却温度が最大となる設置位置が異なることが確認された。この結果から,小型化した場合においてもωτや管内の音場をヒートポンプの設計指針として適用できると考えられる。

著者関連情報
© 2011 一般社団法人 日本音響学会
前の記事 次の記事
feedback
Top