日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
高齢者における聴覚特性の劣化が無声摩擦音・破擦音の識別に及ぼす影響
安 啓一荒井 隆行小林 敬進藤 美津子
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 68 巻 10 号 p. 501-512

詳細
抄録

高齢者を対象に,子音持続時間もしくは子音と先行母音間の無音区間長を主に変化させた「シ」-「チ」(CV),「イシ」-「イチ」(VCV)連続体の識別実験を行った。その結果,若年者同様,CVでは子音が長くなると「チ」→「シ」,VCVでは無音区間が長くなると「イシ」→「イチ」に聞こえが変化した。また,1)摩擦音閾値の上昇,2)補充現象の存在,3)時間分解能の低下に着目すると,1)の場合,CVでは子音が短いと「チ」→「シ」,長いと「シ」→「チ」の異聴が現れ,更に2)を伴うと傾向が強まった。VCVでは,1)-3)すべてが存在する場合,「イチ」→「イシ」の異聴が最も顕著だった。

著者関連情報
© 2012 一般社団法人 日本音響学会
前の記事 次の記事
feedback
Top