日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
頭部静止条件下の水平面音像定位実験中の被験者の頭部運動
豊田 勇気森川 大輔平原 達也
著者情報
ジャーナル フリー

68 巻 (2012) 6 号 p. 288-292

詳細
PDFをダウンロード (748K) 発行機関連絡先
抄録

被験者に頭部を動かさないように指示したときにどの程度頭部が動かないかを明らかにするために,6種類の帯域通過雑音を用いて被験者8名の頭部静止条件での水平面音像定位実験中の頭部運動を計測した。その結果,すべての被験者において,刺激音呈示中の頭部位置と角度の最大変位の平均はxが0.9cm,yが0.4cm,zが0.3cmであり,rollが0.8°,pitchが2°,yawが1°であった。また,yaw回転角の最大角変位は最大で1.5°であった。一方,頭部位置と角度の正面からのずれの平均はxが2.4cm,yが1.4cm,zが0.9cmであり,rollが1.6°,pitchが7.5°,yawが0.9°であった。また,yaw回転角の正面からのずれは最大で2.6°であった。

著者関連情報
© 2012 一般社団法人 日本音響学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top