経営情報学会 全国研究発表大会要旨集
2018年春季全国研究発表大会
セッションID: 2A-2-1
会議情報

予稿原稿
若者世代におけるコーヒーのイメージ分析
多次元尺度構成法による認知マップの作成
*杉山 果穂小笠原 啓介永吉 実武
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

今日の日本国内において、コーヒーは嗜好品飲料として消費量を年々増加させている。全日本コーヒー協会 (2017)によると、日本国内の18~24歳の1人当たりのコーヒー飲用杯数は、一週間あたり5-6杯で、全年齢数の約11杯と比較すると少なく、この年代層にはコーヒーが比較的に親しまれていないのではないかと考えられる。そこで、本研究ではコーヒー飲料を含む20種類の嗜好品飲料から想起するイメージ感の相違を調査し、多次元尺度構成法を用いた認知マップを作成することにより、18~24歳の若者層が嗜好品飲料のなかでコーヒー飲料をどのように位置付けているのかを分析する。

著者関連情報
© 2018 一般社団法人経営情報学会
前の記事 次の記事
feedback
Top