経営情報学会 全国研究発表大会要旨集
2018年春季全国研究発表大会
セッションID: 2A-2-7
会議情報

予稿原稿
藩の地理的要因が効率的な知識獲得方法に与える影響
ネットワーク分析と地理空間加重回帰分析による実証研究
*宿岡 愛大江 秋津
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

江戸時代の藩校は、教育機関の枠を超えて財政再建等のイノベーションを期待された。これを支えるものに、藩校が教える学問の所属学派で形成された外部知識ネットワークがある。本研究は、藩を出て学問や武芸を学ぶ遊学や藩主交代が、藩の地理的要因により、外部知識ネットワークを通じた効率的な知識獲得方法に与える影響が異なることを実証する。分析では、1736年から1835年の10期のパネルデータを用いて、統計分析と空間特性を考慮できる地理空間加重回帰分析の双方を行った。その結果、地理的要因により外部知識ネットワークにおける知識を効率的に獲得可能なポジショニングに正負の影響を与え、時代により変化することも実証した。

著者関連情報
© 2018 一般社団法人経営情報学会
前の記事 次の記事
feedback
Top