システム農学
Online ISSN : 2189-0560
Print ISSN : 0913-7548
研究論文
亜熱帯地域における褐毛和種去勢牛周年放牧肥育に関する環境影響評価
瀬戸口 暁大石 風人熊谷 元今井 裕理子川本 康博広岡 博之
著者情報
ジャーナル フリー

33 巻 (2017) 1 号 p. 1-9

詳細
PDFをダウンロード (876K) 発行機関連絡先
抄録

亜熱帯地域における周年放牧肥育生産システムに対して、ライフサイクルアセスメント(LCA)による環境影響評価を実施した。沖縄県石垣地域で行われた集約輪換放牧による褐毛和種去勢肥育生産を評価対象とし、補助飼料として、国内産副産物飼料(ビール粕・砕米)を活用した完全混合飼料(TMR)を給与した生産システムを想定した。機能単位は増体重1 kg あたりとし、エネルギー消費、地球温暖化、酸性化、富栄養化への影響を算出した。評価の結果、想定した生産システムにおいて、副産物飼料の利用により飼料生産・飼料輸送による環境影響を軽減できる一方、放牧地管理がいずれの環境影響項目においても環境影響の大きな割合を占めるということが示唆された。これは、肥育を目的として高生産性を目指した放牧地への多大な施肥により、環境影響が増大したためであると考えられた。副産物飼料からの環境影響の扱い方として、経済アロケーションまたは重量アロケーションを用いた場合、および廃棄物とみなした場合の3 通りを検討した結果、重量アロケーションを用いた場合では、経済アロケーションおよび廃棄物とみなした場合より、エネルギー消費が大きい結果となった。

著者関連情報
© 2017 システム農学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top