日本釀造協會雜誌
Online ISSN : 2186-4004
Print ISSN : 0369-416X
アスペルギルス・オリゼーの発見
コウジカビの独立性
村上 英也
著者情報
ジャーナル フリー

1971 年 66 巻 2 号 p. 117-121

詳細
抄録

我々日本の醸造屋は「コウジカビ」の大きな恩恵をうけている。明治9年に発見, 報告されてから現在までに多数の菌株が分離, 利用されているが, 筆者は長年, コウジカビの研究をし, 最近コンピュータを用いて, これがアスペルギルス・オリゼーという大集団で, フラブスとはちがうこと, 標準株と-致する株が50年来醸試に保存されていたことなどのいきさつを述べている。正しいコウジカビの知識のためにも, また研究者の喜びを理解していただく上にもぜひ一読を願いたい。

著者関連情報
© 公益財団法人 日本醸造協会
前の記事 次の記事
feedback
Top