日本釀造協會雜誌
Online ISSN : 2186-4004
Print ISSN : 0369-416X
ISSN-L : 0369-416X
異種酵母の混合使用による清酒醸造試験
菅野 信男永谷 正治佐藤 信大塚 謙一
著者情報
ジャーナル フリー

1981 年 76 巻 1 号 p. 45-49

詳細
抄録

清酒の品質の個性化を図ることを目的として, 異種酵母の混合発酵による醸造を行った。混合に際しては, 協会7号と清酒酵母とは異なる他属種の酵母8株を使用した。小仕込醸造試験を行い, 製成した清酒の成分の分析および官能検査から, S. roseiT. collionlosaを選択した。それらの株につき更に仕込試験を行い検討した結果, s. roseiとの混合発酵の場合に味の軽い良品質の清酒が得られた。なお混用に際しては酵母仕込で行う方が酒母仕込より効果を上げることができると推察された。

著者関連情報
© 公益財団法人 日本醸造協会
前の記事 次の記事
feedback
Top