日本釀造協會雜誌
Online ISSN : 2186-4004
Print ISSN : 0369-416X
ISSN-L : 0369-416X
マイクロコンピューターによる味噌製麹
雑賀 文知
著者情報
ジャーナル フリー

1984 年 79 巻 4 号 p. 216-220

詳細
抄録

日本の醸造において, 製麹はもっとも重要な工程といわれている。したがって, これまでにもこれに関する文献は沢山見受けられる。いわゆる床, 麹蓋の製麹法から, 空調装置, 撹拌機を備えた製麹装置が登場してからすでに30年を経過し, それぞれ改良されつつ, 機械製麹技術が確立されてきた。最近, 各種のセンサーが開発され, マイコンに組み込まれ, 機械の自動運転が可能となった。今回は自動製麹装置の管理上の要点とその効果について解説願った。

著者関連情報
© 公益財団法人 日本醸造協会
前の記事 次の記事
feedback
Top