日本釀造協會雜誌
Online ISSN : 2186-4004
Print ISSN : 0369-416X
焼酎白麹の各種酵素の活性調査について
岩野 君夫三上 重明福田 清治椎木 敏島田 豊明小幡 孝之木崎 康造新里 修一荒巻 功佐伯 宏
著者情報
キーワード: 焼酎白麹, 酵素活性
ジャーナル フリー

1986 年 81 巻 7 号 p. 495-498

詳細
抄録

南九州の焼酎製造場で実際に使用されている白麹を集め, 各種酵素活性の調査を行ったところ以下の知見を得た。
1. 焼酎白麹の各種酵素バランスを清酒麹と較べてみると, α-amylaseが極端に低く, glucoamylaseとacid carb0xypeptidaseはほぼ同程度, acidprotease, transglucosidaseが極めて高くかつ生でん粉分解力を有するのが特徴である。焼酎白麹と泡盛麹の酵素活性を較べてみると, 活性のバランスはほぼ同様であるが, 泡盛麹は全体的にやや活性が低い。
2. 焼酎白麹は調べた6種類の酵素活性とも変動率が17~40%と大きく, 最大値と最小値を較べると約2.7倍の大きな差があつた。
3. 米麹と麦麹を較べると, 麦麹は6種類の酵素活性のすべてが低く, 特にα-amylase, transgnucosidase, acid proteaseに大きな違いが認められた。
終りに臨み, 本実験に御協力をいただいた当研究室, 甲斐文男君, 未広康夫君に, 御指導を賜わりました当試験所中村欽一所長に深謝致します。

著者関連情報
© 公益財団法人 日本醸造協会
前の記事
feedback
Top