日本醸造協会誌
Online ISSN : 2186-4012
Print ISSN : 0914-7314
ISSN-L : 0914-7314
国際的視点からみたワインに関する日本の法的規制について
村上 安生
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 102 巻 5 号 p. 333-338

詳細
抄録

酒類市場の国際化とともに日本市場にも世界各国の酒類が参入している。しかし, 日本は酒類の法的規定を酒税法で行っているため, 諸外国の酒類の法的規定との間で整合性を欠く事態に遭遇することが少なくない。そこで, 酒類の中でも特に国際商品としての色彩の強いワインを取り上げ, 市場の動向を踏まえ国際的視点から見たときのワインに関する日本の法的規制について解説していただいた。酒類の輸出入を含め酒類市場の国際化が進むなかで日本に課せられた問題点が浮き彫りされた一文である。

著者関連情報
© 公益財団法人 日本醸造協会
前の記事 次の記事
feedback
Top