日本醸造協会誌
Online ISSN : 2186-4012
Print ISSN : 0914-7314
アンナン山脈南部高地 (ベトナム) の米酒
ルオウ・カンとルオウ・ネプ
小崎 道雄飯野 久和トク トランリンホウ ファムタン関 達治
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 97 巻 5 号 p. 327-337

詳細
抄録

「米酒」醸造地帯の「米酒」と米関係食品の製法, 特徴, 背景などについて, 東南アジア全域に渡り長期調査された筆者に, 前回に引き続き甘酒, 梗米酒, 糟米酒, 籾殻吸管酒, 焼酎について解説していただい。「米酒」の製造に黒米や赤米を使ったり, 米を焦がす方法や, 米とともに雑穀やキャッサバを使用するといった工夫がみられて面白い.
又吸管の籾殻壼酒は親睦だけでなく, 儀礼的にも重要な位置を占めており, 飲酒文化面からも興味深い。

著者関連情報
© 公益財団法人 日本醸造協会
前の記事 次の記事
feedback
Top