脈管学
Online ISSN : 1880-8840
Print ISSN : 0387-1126
ISSN-L : 0387-1126
原著
ASOの透析合併例の集学的治療
正木 久男田淵 篤柚木 靖弘三村 太亮山澤 隆彦滝内 宏樹古川 博文本田 威種本 和雄渡部 芳子
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 53 巻 November 号 p. 185-189

詳細
抄録

要 旨:2000年1月から2012年1月までに当科で入院治療したASOの重症虚血肢の透析例105例108肢と非透析例243例246肢に分類し,各種治療成績を検討した。透析例は周術期並びに遠隔期も感染症が多いため,可能な限り人工血管の使用は控える。全身状態はGoodneyらの評価方法を参考にする。鼠径部以下のバイパスの開存率は透析,非透析群に差はないが,血管内治療では,透析群は非透析群に比べて有意に不良であった。透析例は,可能な限りバイパスを選択するほうがよい。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top