脈管学
Online ISSN : 1880-8840
Print ISSN : 0387-1126
ISSN-L : 0387-1126
原著
IgG4関連動脈周囲炎/後腹膜線維症の臨床像の解析と本疾患に対する特異的診断基準
水島 伊知郎笠島 里美藤永 康成能登原 憲司佐伯 敬子全 陽井上 大山本 元久笠島 史成松本 康網谷 英介佐藤 康晴山田 和徳堂本 裕加子川 茂幸川野 充弘石坂 信和
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 58 巻 8 号 p. 117-129

詳細
抄録

エキスパートによりIgG4関連の大動脈周囲炎/動脈周囲炎および後腹膜線維症と診断された99例のデータを解析し,臨床像や診断に至った経緯を検討した。33例は動脈周囲/後腹膜の病理組織学的所見から,50例は他臓器のIgG4関連疾患の確診から,残りの16例は臨床経過などから総合的に診断されていた。IgG4関連疾患の厚生労働省研究班により策定された新しい臓器特異的診断基準を用いた検討では,73例(73.7%)が確診,6例(6.1%)が準確診,17例(17.2%)が疑診に分類された。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top